カテゴリー

アーカイブ

12月13日 以降の予定

予定はありません

未来社会研究会趣意書

 環境・エネルギー問題は経済社会のあり方と密接に関連しています。現在の経済社会をどうみるか、今後の経済社会のあり方の変化をどう見通すのか、どのような新しい経済社会を展望するのかといった諸問題は、環境問題やエネルギーシフトの問題を考えるうえでも大切な研究課題です。
近年私たちが暮らす経済社会、つまり資本主義社会が曲がり角にきているという認識が広がっています。それらはほぼ共通して、成長至上主義の経済政策の行詰り、トリクルダウン神話の終焉を指摘しています。しかしでは既存の政策や価値観の行詰りの中で、これらに抗して具体的で説得力ある新しい社会像と経済政策を対置することができているかといえば、それはまだきわめて不十分です。とはいえ、すでに多くの人たちが多面的にこうした試みをはじめています。本研究会はこれらの諸研究に学びながら、アジアにおける環境とエネルギーの問題についての研究の一環として、未来の新しい社会像と経済政策の探究を集中的に行うことを目的としています。
本研究会が取り上げようと計画している課題を例示すれば次のとおりです。
・アソシエーション論の検討
・ILOのディーセント・ワーク論の検討
・地域通貨の実験・議論と労働証券論(労働貨幣論)などの検討
・非営利企業の役割の拡がりの検討
・中小企業経営の在り方の検討
・市場とはそもそもなにかの検討
・その他
さまざまな専門分野や職種を越えて、関心のある方々の参加をお願いいたします。

 

日記一覧

当サイトに登録されている日記一覧
1件のうち1 - 1件目を表示しています。


[投稿日   ] [タイトル   ] [アクセス数   ]
10月
31 (土)
カテゴリー  活動報告
第1回未来社会研究会  日時 :2015年2月8日(日) 15時~17時  会場 :立教大学(池袋キャンパス)太刀川記念館1階第1・2会議室  報告者:小...
続きを読む |  閲覧(1005)
1件のうち1 - 1件目を表示しています。